ファンドの目的

「九州アントレファンド」は、株式会社ドーガンが2006年に設立した「チャレンジ九州・中小企業がんばれファンド」のスキームを踏襲したベンチャーファンドです。「IPOを必須としない」という前提のもと、長期・少額投資スキームを組むことで、志の高い新規スタートアップ/ベンチャー支援を行い、九州のベンチャー・エコシステムを育成することを目指します。また、アントレプレナーシップを広義に解して、九州地区を主な拠点とする中小企業の新規事業展開、第二創業に対しても、「資金」「経営」の両面からハンズオン支援を行い、企業及び地域の活性化に貢献致します。

ファンドの特徴

  1. 九州域内の地域経済への貢献が期待される新規事業を手がける企業への投資を行います。1社当たり5百万円からの小額の投資も可能で、シード/アーリーステージを主な投資対象としています。
  2. 九州の有力地銀である十八銀行、筑邦銀行、西日本シティ銀行、豊和銀行の4行に加え、独立行政法人 中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)が参画しており、多様な金融ソリューションの提案やビジネスマッチングを行います。
  3. M&A、事業再生等の投資銀行業務を九州地域で展開する株式会社ドーガンが投資案件の発掘、ファンドの運営管理を行います。
  4. ハンズオン支援をより確実にする為、必要に応じ、中小機構九州支部 中小企業・ベンチャー総合支援センター、並びに九州内外の有力企業が投資先に対する販路拡大、上場支援を行います。また、九州地域の各自治体に側面支援でご協力いただきます。
  5. 投資先は、株式会社ドーガンが、株式会社福岡リアルティと共同で運営している、インキュベーション施設を併設したコワーキングスペース「九州アントレプレナークラブ " OnRAMP "」を無料でご利用いただけます。

ファンドスキーム

ファンドスキーム相関図

ファンドの概要

ファンド名称 九州アントレプレナークラブ投資事業有限責任組合
愛称「九州アントレファンド」
投資対象 主な拠点が九州圏内(九州各県、山口県、沖縄県)の中小企業
業種、業歴は問いません。
主な投資形態 普通株 ・優先株 ・新株予約権付社債 ・プロジェクトファイナンス 等
設立形態 投資事業有限責任組合
ファンド総額 約11億円
組合の存続期間 10年(最大2年間を限度に延長可能)

投資対象企業

  • 九州圏内(九州各県・山口県・沖縄県)に主な拠点があり、優れたアイデアや技術・ノウハウ・ビジョンをもって新商品の開発、新事業展開にチャレンジするベンチャー、中小企業
  • 初回投資金額は、1社当たり5 - 30百万円(但し、100百万円まで追加投資可能。)です
  • 株式公開を目指さない中小企業も対象となります

無限責任組合員

有限責任組合員(五十音順)