ファンドの目的

当ファンドは、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)の「がんばれ!中小企業ファンド(※1)」のスキームを活用した九州初のファンドです。株式会社九電工、中小機構、西日本シティ銀行を有限責任組合員とし、株式会社ドーガンが無限責任組合員となり、ファンドの運営・管理を行って参ります。九州地区を主な拠点とする中小企業の新規事業展開、第二創業(※2)を「資金」「経営」の両面からハンズオン支援し、企業及び地域の活性化に貢献致します。

(※1)「がんばれ!中小企業ファンド」出資事業は、平成16年度から中小企業庁にて、新たに実施された中小企業援施策であり、同庁が所轄する(独)中小企業基盤整備機構が実施機関として、ファンド総額の1/2を上限に出資を行い、目利き能力や販売ネットワークを有する民間パートナーとともに投資ファンドを組成し、投資先の経営実態に即した資金供給と踏み込んだ経営支援により、中小企業の新事業展開・第二創業へのチャレンジを積極的に支援するためのもの。
(※2)第二創業:既に創業している事業者が、創業時とは異なった事業、サービスを新たに開発し市場開拓すること。

▲PAGE TOP

ファンドの特徴

  1. 中小機構の「がんばれ!中小企業ファンド」出資事業に則り、中小機構及び西日本シティ銀行、九電工が出資する社会性の高いファンド事業です。
  2. 地域金融機関として西日本シティ銀行が当ファンド事業に参画しており、ハンズオン支援の一環として、同行と共同で多様な金融ソリュ−ションの提案やビジナスマッチングの支援を行います。
  3. M&A、事業再生等の投資銀行業務を九州地域で展開する株式会社ドーガンが投資案件の発掘、ファンドの運営管理を行います。
  4. ハンズオン支援をより確実にする為、必要に応じ、中小機構九州支部 中小企業・ベンチャー総合支援センター、トーマツ・ベンチャーサポート株式会社、並びに九州内外の有力企業が投資先に対する販路拡大、上場支援を行います。また、九州地域の各自治体に側面支援でご協力いただきます。
▲PAGE TOP

ファンドスキーム

ファンドスキーム相関図

▲PAGE TOP

ファンドの概要

ファンド名称 チャレンジ九州・中小企業がんばれ投資事業有限責任組合
愛称「チャレンジ九州・中小企業がんばれファンド」
投資対象 主な拠点が九州圏内(九州各県、山口県、沖縄県)の中小企業
業種、業歴は問いません。
主な投資形態 普通株 ・優先株 ・新株予約権付社債 ・プロジェクトファイナンス 等
設立形態 投資事業有限責任組合
ファンド総額 10億円
組合の存続期間 7年(最大2年間の延長可能)
▲PAGE TOP

投資対象企業

  • 優れたアイデアや技術、ノウハウ、ビジョンをもって新商品の開発、新事業展開にチャレンジする中小企業
  • 株式公開を目指さない中小企業も対象となります。

無限責任組合員

▲PAGE TOP

有限責任組合員(五十音順)

▲PAGE TOP