ファンドの目的

当ファンドは、独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下、中小機構)の「がんばれ!中小企業ファンド(事業継続ファンド)※」のプログラムを活用した九州初のファンドです。事業承継問題解決のため、一定期間ファンドが経営の受け皿となることで円滑な事業の承継をサポート致します。

※「がんばれ!中小企業ファンド(事業継続ファンド)」出資事業は中小企業庁にて、新たに実施された中小企業支援施策であり、目利き能力や販売ネットワークを有する民間パートナーとともに投資ファンドを組成し、投資先の経営実態に即した資金供給と踏み込んだ経営支援により、後継者不在等の問題の解決や、中小企業の経営の向上に繋がる新たな事業展開を支援することで、円滑な事業承継を実現するプログラムです。

▲PAGE TOP

ファンドの特徴

九州を代表する中小企業を対象として九州地区の有力地銀6行が出資した、地域性、社会性、革新性の高いファンドです。

▲PAGE TOP

ファンド活用によるメリット

・会社の存続による従業員の雇用維持

事業の継続、従業員の雇用を守ることを原則としており、後継者問題から派生する経営リスクを回避することができます。

・現経営者保有株の円滑な引継ぎ

ファンドが株式を買取ることにより、次代経営者へのスムースな引継ぎを行うことが可能です。

・次代経営者への円滑な事業の引継ぎ

現経営者から渡されたバトンを、数年後に次代経営者が引き継げるよう、各種アドバイザーと協同して社内体制の整備や販路拡大等ハンズオンで支援して参ります。

・個人保証への対応策

現経営者の個人保証などを見直す機会になります。

▲PAGE TOP

ファンドスキーム

ファンドスキーム相関図

▲PAGE TOP

支援方法

支援方法相関図

▲PAGE TOP

ファンドの概要

ファンド名称 九州事業継続ブリッジ投資事業有限責任組合
愛称「九州ブリッジファンド」
投資対象 主に九州地区に本店もしくは拠点がある中小企業
主な投資形態 株式 ・持分 ・新株予約権 ・社債 ・新株予約権付社債 ・その他の有価証券
金銭債権 ・匿名組合契約の出資持分 ・不動産信託の受益権
設立形態 投資事業有限責任組合
ファンド総額 49億円
組合の存続期間 10年(最大3年間の延長可能)
▲PAGE TOP

投資対象企業

  • 優れたアイデアや技術、ノウハウ、ビジョンを持ちながら、後継者不在または、後継者はいるがその資力が十分でないことにより経営権の確立が困難な中小企業
  • 地域経済、地域社会に貢献している社会的意義のある企業
▲PAGE TOP

無限責任組合員

▲PAGE TOP

有限責任組合員(五十音順)

▲PAGE TOP